Top
スポンサードリンク

ブックマークプラス by SEO対策

FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識

FXという言葉、最近はニュースで毎日のように取り上げられています。あなたもFXを一度は聞いた事があるかもしれません。
別名、外国為替証拠金取引と言います。
何だか難しそうな言葉ですねえ(^_^;)

FX(外国為替証拠金取引)で沢山利益を得たにも拘らず、税金の申告をしない困った方達も出てきています。

気をつけてほしい事は、FXは実際にお金を動かすのでハイリスク・ハイリターンだと肝に銘じ、損をした時の事も考えないと大きな損失となってしまいます。

FX(外国為替証拠金取引)の基礎についてご紹介しましょう。

先程も申しましたが、FXには、『外貨預金』のように決められた名称はなく、

『通貨証拠金取引』、
『外国為替保証金取引』、
『外国為替証拠金取引』、
『〜FX(Foreign Exchangeの略)』

と、色々な名称があります。

【引用】ウィキペディア

外国為替証拠金取引とは、少額の証拠金(保証金)を業者に預託し、差益決済による通貨間の売買を行なう取引の事を指します。

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されて、ダイワフューチャーズ(現ひまわり証券)などが取り扱いを開始を始め、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大していきました。
商品先物会社、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う業者も出てくるまでに拡大しています。

取引内容によってはハイリスク・ハイリターンとなるため、外国為替相場に関する十分な知識や経験がないと危険です。

   

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65679878

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。